つげ義春旅写真

塩釜_1(1969年)

 仙台に近い海辺の町、塩釜には二度訪れた。最初は、1969年で、秋田県や青森県の方を巡り、その帰途塩釜に立ち寄り、名勝の松嶋見物はせず、仙台湾にたくさん点在する小島のひとつ、桂島へ渡った。
 なぜ桂島を選んだのか、きれいさっぱり忘れてしまったけれど、渡船を降りた辺りは鄙びた佇まいもなく、第一印象で物足りなさを覚え、一時間ほどで島を離れた。何か目的があったはずなのだが、それは島の裏側だったような記憶もかすかにあるので、坂道を登るのが億劫であきらめたのかもしれない。
 塩釜に引き返すと町を見物せず、すぐタクシーで仙台湾の外に位置する七ヶ浜へ行き一泊し、翌日浜辺をぶらついただけで、なんだか意味不明の行動だった。

トップページに戻る