11/21(月) 石井隆氏インタビュー
70年代に「ヤングコミック」誌で劇画家として活躍、数多くの作品を発表し注目される。80年代以降は、映画監督として「死んでもいい」「夜がまた来る」「GONIN」「花と蛇」「愛は惜しみなく奪う」など今日まで二十数年間、作品を発表し続ける。そのダイナミズムな映像は、名匠の名に相応しい。処女画集『死場処』(北冬書房)刊行からの40年の歴史を振り返る石井監督への初めてのロングインタビューがここに実現!