11/14(月)
つげ義春とシュールリアリズム」ー原マスミ&山田勇男/「ねじ式」をはじめ「コマツ岬の生活」「必殺するめ固め」「窓の手」などつげ作品にはシュールリアリズム傾向が多々見受けられる。作者本人も「無意識下の意識」を表現するシュールリアリズム絵画への関心がつよく、作者が常日頃から意識する無意識感ついて考究する。
× ウィンドウを閉じる